福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障がい者の自立をサポートする役目を負っています。高齢者や障がい者の快適な暮らしを支えるためのリフォームを、専門家の立場でかかわり合える資格です。時には利用者や、その家族のプライベートな問題に関心を寄せなければならず、信頼を得ることが何よりも大切なこと。福祉や住環境の専門知識を身につけるだけでなく、常にヒューマンスキルを磨かなければなりません。
ますます進む高齢化ですから、その社会をあらゆる面で支える専門家が求められることになります。福祉住環境コーディネーターの仕事は、あらゆる人の暮らしを豊かにするもの。それだけにやりがいと喜び、達成感は大きいものです。当サイトでは、さまざまな視点で福祉住環境コーディネーターに関する情報をお伝えします。

 

福祉住環境コーディネーターとは?

高齢化が進む日本。核家族化が進み、独居老人の数が増え続けています。高福祉国家を謳いながら、現実はどうでしょうか? 誰にとっても、本当に住みやすい住環境が整っていると言えるでしょうか? 生活の基盤となる住まい、住まいを中心に広がる地域とのかかわり。人に優しい住環境がなければ、人の暮らしには安全も安心もありません。

何もこれは高齢者や障がい者に限った問題ではないのです。誰もが年齢を重ね、いつ何時、障がいを持つことになるかはわかりません。誰もが自分のこととして、常に問題意識を持っていたいものです。そのような社会状況に合わせるように、新しい資格として誕生したのが「福祉住環境コーディネーター」です。

高齢者や障がい者の方たちの住まいを、より安全に、安心な環境へと整えるための相談に乗るのが役目です。単に建物の設計やリフォームに携わり、アドバイスを送るわけではありません。建築も含め、福祉や医療、保険、住宅構造、福祉用具など、あらゆる知識を駆使して提案を行って行きます。本人はもとより、寄り添ってサポートをしている家族や介護者・介助者たちの意見も取り入れながら、より良い提案ができるよう、日々情報収集や関係者とのコミュニケーションを図っています。

福祉住環境コーディネーターとして、資格が確立されたのは1999年。東京商工会議所が認定機関となり、3級の試験が実施されました。翌年には2級の試験が行われ、その後、より専門的なコーディネーターとして活躍できる1級が誕生したのです。

ニーズがあって生まれた資格ですから、取得後はさまざまな分野で活かせる資格です。福祉や医療の現場は言うに及ばず、建築業界や保険サービスの立場でも活躍の場が広がっています。住まい全体ではなく、お風呂場のリフォームや玄関先、室内のちょっとしたところでも、目配りや気配りによって“人に喜ばれる”提案ができる仕事。街全体を見渡し、問題意識を喚起することも可能な、やりがいの大きい仕事。福祉住環境コーディネーターの活躍が、人の暮らしの支えになるのです。