福祉住環境コーディネーターという資格

前にも触れましたが、福祉住環境コーディネーターの資格が誕生したのは1999年のこと。それまでも、東京商工会議所は数多くの資格試験を実施していました。それらの資格は実務に即したものばかりです。福祉住環境コーディネーターについても、高齢化の波が押し寄せる中、いち早く対応した形になりました。
ただし、福祉住環境コーディネーター資格の誕生には前段があります。「高齢者が安心して生活できる環境づくり」を目的として設立されたNPO法人が、“高齢者や障がい者のための住環境整備のため、建築や福祉、医療の知識を持って全体をコーディネートできる人材が必要”という提言を行い、福祉住環境コーディネーター資格の機運が一気に高まったのです。

その後、2000年になると『介護福祉法』が施行されるようになり、自宅に居ながら(在宅介護)さまざまな福祉サービスを受けられるようになりました。例えば、介護ベッドや車いすの貸出、手すりの設置や段差の解消など、必要に応じて行うリフォーム費用の支給もこの時から始まったのです。
『介護福祉法』は福祉住環境コーディネーターの認知度アップに大いに寄与しました。ケアマネジャーや作業療法士、介護福祉士など、人に対するケアやサポートの他、住まいに関する福祉の視線が集まったからです。

2001年、福祉住環境コーディネーター検定2級合格者は、「住宅改修についての専門性を有する者」として厚生労働省により明記されるようになりました。これにより、福祉住環境コーディネーターは、“介護保険制度に基づく住宅改修費を受けるための理由書が作成できる専門家”として定着したのです。
さらに、福祉住環境コーディネーター3級、2級に続き、高度な専門性を有する資格として1級が誕生。住まいから街づくりまで、活躍の場がますます広がっていきました。
福祉住環境コーディネーターの有資格者は、ステップアップを目指すケースが多いのもこの資格の特徴のひとつと言えそうです。
・『福祉住環境コーディネーター 通信講座』はこちら ⇒ http://fukushi-tsusin.com/