福祉住環境コーディネーター合格の勉強法

福祉住環境コーディネーター検定試験の合格を勝ち取るために、自分に合う勉強法を確立しましょう。どのようなアプローチをすれば効率よく学べるでしょうか? 福祉住環境コーディネーターの検定試験は各級とも「公式テキスト」が用意されています。

このテキストを正しく理解し、内容を暗記すること。これが一番の合格への近道。試験概要をよく見るとこんな一文に気づくはずです。“公式テキストの知識と、内容を理解して応用できる力”を試すことが記されているのです。

さて、ここで言う“合格を勝ち取るための勉強法”についてお話ししましょう。福祉住環境コーディネーターの資格だけではありません。数多くの資格に当てはまる勉強法のことです。よく聞く表現ですが「通学」「独学」「通信」という3つの勉強法のこと。

ただ、福祉住環境コーディネーターの検定試験突破で「通学」はあまり聞きません。また、3級は基礎が中心であり合格率も高く、高校生の受験者が約1割を占めることから「独学」で挑戦するケースが多いようです。合格を確実にするなら「通信」です。

3級の合格を確実にする、2級の合格を勝ち取る、1級を目指す場合も勉強法は同じ。「通信」が最も効果的。福祉住環境コーディネーターの検定試験を突破するには、公式テキストを読み込み、過去の問題集で演習を重ねなければなりません。

「独学」よりも「通信」、つまり通信講座で学ぶのが良いのは、同じ公式テキストを学ぶにしても、合格ラインを突破するコツがわかるからです。やみくもに勉強する「独学」とは違い、過去の試験の傾向と対策を踏まえたカリキュラムで学ぶことができます。やればやるほど手応えがあり、合格ラインの突破に向けて自信がついてきます。
では、どんな通信講座を選べば良いのでしょうか? その辺りの情報は、次に説明しましょう。
・『福祉住環境コーディネーター 通信講座』はこちら ⇒ http://fukushi-tsusin.com/