他分野の専門家とコラボする福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターに合格し、実際に仕事を始めるようになったら今までとは違った分野の専門家とかかわり合うことになります。具体的な職種で言えば、介護に関わる介護福祉士やヘルパー、ケアマネージャーなど。利用者のリハビリをサポートする理学療法士、作業療法士との連携も重要です。

他にも、医師や看護士、保険士に加え、利用者や家族のサポートをするケースワーカー、ソーシャルワーカーと連携しなければなりません。さらに、リフォームを担当する建築士や施工業者と密なコミュニケーションが不可欠です。利用者のことを考えつつ、実現可能な(経済的な意味でも)計画を提案することが福祉住環境コーディネーターの任務です。

 コーディネーターですから、さまざまな立場の人から意見を引き出しつつ、利用者のために最適な提案をまとめるのが仕事。コーディネイト能力だけでなく、コミュニケーション能力が求められます。そのためにも、日々スキルアップしなければなりません。

・ケアマネージャー、ヘルパーとの連携:
プランを立てる際、利用者の身体的状況や生活面からの視点が欠かせません。それぞれの意見を持ち寄って住環境改善のためのアドバイスや情報交換を行う。

・理学療法士、作業療法士との連携:
利用者がリハビリを受けているなら、とても大切な役目を担っています。リハビリ自体を住環境と調和させ、効果が上がるように検討しなければなりません。

・医師や看護士との連携:
利用者が病気をしていないか、何か健康不安を抱えていないか情報交換を行います。利用者本人ではなく、福祉住環境コーディネーターが直接、アドバイスを受けることも。

・ソーシャルワーカーやケースワーカーとの連携:
高齢者が専門の福祉コンサルタントを利用している場合、利用者からの情報提供と合わせ、アドバイスを求めるのがより良い提案につながります。

・建築士や施工業者との連携:
実際に設計や施工を行う専門家との意見交換は必須。それぞれの立場から意見を出し合い、調整しながら工事を行います。